【ワーママに捧ぐ!】時間とお金と子どもと私。

    こんにちは!きしこです☆

    今回は私の体験をもとに、ワーママの皆さんにお伝えしたいことを書きます!

    私の経歴を簡単にご紹介しますね☆

    2008年・・・保育園に就職(保育士)

    2012年・・・結婚

    2013年・・・長男出産

    2014年・・・産休、育休を経て仕事復帰

    2014年・・・復帰と同時に夫が単身赴任(完全ワンオペ育児)

    2016年・・・1年半の別居生活の末、転勤先へついていくため退職(専業主婦)

    2016年~2018年・・・専業主婦(2017年に長女出産)

    2019年・・・預かり保育を利用してパートを始める

    2020年〜開業届を提出して在宅ワークを始める

    ・専業主婦

    ・ワーママ

    ・パート主婦

    ・完全ワンオペ(夫が単身赴任中の別居生活)

    いろんな形で育児をしてきました。

    これを踏まえて、読んでいただけると幸いです。

    きしこ

    働くママを応援したい!

     

    ワーママの苦悩と周りの発言

     

    時間も記憶もなかった

    きしこ

    毎日毎日、時間に追われ、仕事に追われ、振り返ってみると記憶がないんです。

    そして息子の写真もめっちゃ少ない。。。

    いつの間にか息子は成長してきました。

    母子登園(自分働く園に我が子を預けること)をしていたので、

    早番の日は誰よりも早く7時前に保育園に登園し、遅番の日は誰よりも遅く20時ごろ保育園を出ます。

    時短制度はありませんでした。

    残業代が出なくても園に残って仕事をするのが当たり前。

    遅番でもできるだけ早く出勤して当たり前。

    製作や衣装の準備を家に持ち帰ってするのが当たり前。

    そう。

    当たり前だったんですよね。

    当たり前だと思っていたんです。

    きしこ

    働く環境を変えるという選択肢が自分の中になかったことも後悔の一つ。

    家族の時間を大切にできる環境に身を置く決意も大切。

     

    いつも疲れていた

    平日に積み重ねられた疲れは、土日だけで回復せず、また疲れたまま仕事に行く。

    寝ても寝ても疲れが取れない。

    疲れていて、休日も家でダラダラすることがほとんどでした。

    息子と公園で遊ぶことさえしんどくて、どこも行かずに過ごす休日が増えていきました。

    きしこ

    買い物に行くのが精一杯。

    そんな休日でした。

     

    情緒不安定

    ・イライラ

    ・モヤモヤ

    ・ピリピリ

    していました。

    余裕がなく、表情はムスッとした顔つきになっていきました。

    夫が単身赴任じゃなかったら…

    と何度も何度も環境のせいにしていました。

    でも、今思えば夫が単身赴任じゃなあったとしても、夫の仕事がかなり忙しかったので結果的には同じように感じていたと思います。

    きしこ

    夫婦の協力体制って本当に大切。

    2人とも忙しくなると、家庭ってうまくいかないなと感じます。

     

    周りの発言

    「もう保育園に入れるの?」

    「3歳までは見てあげないと」

    「こんなに小さいのに可哀そう」

    「ちゃんと見てあげて」

    思い出すだけで何だか切なくなります。

    周りのことばって、刺さるんですよね。

    弱っているときなんて特に。

    一番嫌だったのは

    保育士なのに自分の子ども見ないで預けるの?

    と言われたことでした。

    子どもたちの成長を見守る素晴らしい仕事なのに、この一言で

    「あ、私って最低な母親なんだ。」

    って思ってしまったんです。

    周りのことばに傷つき、

    周りの目を気にして、

    自分がどんどん嫌いになっていきました。

    きしこ

    専業主婦とワーママの壁を感じていました。

     

     

    過去の自分に言いたいこと

     

    よくやってる!よく頑張った!

    今思い出しても涙が出ます。

    辛かった。

    しんどかった。

    助けてほしかった。

    そんな思いが溢れてきます。

    よくやっていたな~と心底思います。

    退職して夫の転勤先へ引っ越す前夜、

    普段は冗談ばかりの義父が

    義父

    しんどかったやろ。

    えらかったなと思う。

    1人でよく頑張ったな。

    とポツリと言った一言に涙が止まりませんでした。

    全力疾走で駆け抜けてきた毎日は本当につらかった。

    でも、年度末までやり切っての退職。

    よく頑張った!

    褒めてもらって初めて肩の荷がおりた気がしました。

    きしこ

    自分の足りない部分にばかり目を向けてきた。

    褒められるなんて思ってもみなかった。

     

    適当でいいじゃない

    完璧なんていらないんです。

    ある程度の適当さって必要だと思います。

    1回くらいゴミを出し忘れたってなんとかなります。

    1品くらいおかずを減らしても問題ありません。

    1日くらい洗濯しなくても、大丈夫です。

    「絶対にしなければいけないこと」は

    命にかかわること!

    それだけです☆

    まぁ、いっか☆

    の考え方も大切です。

    きしこ

    「できたこと」に目を向けよう!

     

    そんな日もある!

    良い日もあれば良くない日もある!

    仕事でミスをした

    持ち物を忘れた

    お米をぶちまけてしまった

    そんな日もある!

    たいしたことではありません☆

    ドンマイ!大丈夫!

    そんな風に過去の自分に声をかけてあげたいなと思います。

    きしこ

    美味しい物食べて、ゆっくり寝て、また明日から頑張ればいい!

     

    子どもに響く愛情表現

     

    笑顔を見せる

    これが一番です!

    子どもはよく見ています。

    ・悲しそうな顔

    ・怒っている顔

    ・困っている顔

    子どもは、お母さんの表情を見て不安になったり悲しくなったりします。

    なるべく笑顔で接してあげると、情緒の安定に繋がったり、幸福感や自己肯定感を高められます。

    お母さんの笑顔は子どもの笑顔です。

    きしこ

    「お母さんの笑顔が子どもにとって1番の栄養」なんだそうです!

     

    抱きしめる

    7秒以上のハグは幸せホルモンと呼ばれる神経伝達物質が分泌されることが明らかになっています。

    これによって、

    ・ストレス解消

    ・安心感の増大

    ・幸福感を高める

    など子どもにとってもママにとっても嬉しい効果が得られます。

    ・見送るとき

    ・園にお迎えに行ったとき

    ・眠る前

    などちょっとした瞬間に7秒間ハグしてあげてください。

    それだけで、親子の絆はグッと深まります。

    きしこ

    ぎゅーっと抱きしめる習慣をつくりたいですね!

     

    目を見て話を聞く

    私はよく自分の子どもに

    「ちゃんとお顔を見てお話聞いてね。」

    と言います。

    でも私が子どもの話を聞くときは

    ・キッチンでご飯の支度をしながら

    ・スマホでSNSを見ながら

    ・お化粧をしながら

    なんてこともあります。

    いつもいつも目を見てじっくり話を聞く余裕はありません。

    でも、パッと手を休めて話を聞く時間をつくろうと意識するようになりました。

    きしこ

    何かをしている途中に声をかけられると

    「ちょっと待ってね!」

    を多用していた自分に気づきました!

     

    叱った後はフォローを入れる

    これって、こどもの自己肯定感にかなり影響するんです。

    怒ってキツく言ってしまうこと、私もあります。

    でも、一息ついてフォローを入れましょう。

    「怒ってごめんね。」

    「大好きだよ。」

    「次からは気をつけようね。」

    このフォローがあると、子どもは自己肯定感を失うことなく育ちます。

    怒ってばかりで

    その後のフォローもなく

    1日がそのまま終わる

    そんなの大人でも嫌になりますよね。

    「愛されている」

    という認識を持てる叱り方を目指しましょう。

    きしこ

    「大好き」は魔法の言葉です!

     

    眠る前に思いっきり愛情表現する

    布団に入ってから子どもたちが眠る前までの間

    ・大好き!

    ・生まれてきてくれてありがとう!

    ・可愛い!

    ・今日も楽しかったね!

    ・明日もいっぱい遊ぼうね!

    こんな風にちょっと大げさに愛情表現してみてください☆

    私はこれをずっと続けてきました。

    怒った日も

    泣いた日も

    落ち込んだ日も

    疲れていても

    毎日の日課にしました。

    「大好きだよ。」

    と伝えると、

    「ボクもママだーいすき!」

    って返してくれます♡

    このやり取りで1日が終わると、自分の気持ちも晴れますよ。

    きしこ

    今日という1日を健康に過ごせた幸せを実感できますね!

     

    ワーママさんに伝えたい!

    自分を責めないで!

    ・育児も家事も要領よくこなせない

    ・子どもを叱ってばかりいる

    ・子どもの発熱で職場に迷惑をかけてしまう

    など、自分のことを責めていませんか?

    一生懸命なワーママさんが陥りやすい症状です。

    私は自分を責めすぎて、毎日泣いていました。

    自分を責めても現状は変わりません。

    どうせなら、

    よく頑張っている!

    と褒めたたえてあげましょう☆

    きしこ

    自分の良いところ探しをしてみよう!

     

    頼れるところは頼る!

    旦那や実家、兄弟、友だちなど

    頼れる人がいるのであれば頼りましょう☆

    保育園の先生やファミリーサポートなど、相談できる場所って実はたくさんあるんです☆

    また、最近は高機能な家電製品もたくさんあるのでロボットにお願いするのもオススメです☆

    ・全自動洗濯乾燥機

    ・お掃除ロボット

    ・食器洗い乾燥機

    など、日々の家事をラクにしてくれます☆

    また、ご飯の支度を簡単にできるサービスもあります☆

     

    ▼▼忙しいママの味方▼▼

    【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】


    旬の美味しい食材を届けてくれるサービスもあります☆

    ▼▼1980円でお試しできる▼▼

    買い物に行く手間が省けますね☆

     

    パートや在宅ワークに切り替える

    思い切ってパートや在宅ワークに切り替えるのもオススメです☆

    私の周りにも

    ・ライティング

    ・ハンドメイド

    ・せどり

    などで稼いでいる主婦もいます☆

    特にハンドメイドは

    売り上げが月30万円以上!

    なんて人もいますよ☆

     

    minne(ミンネ)はハンドメイド作品のオンラインマーケットです。

    手作り作品のネット販売が、月額利用料「0円」で行えます。

    お金のやりとりはminneが代行するので、初めての方でも安心です♪

    パソコン、スマホどちらからでも
    すぐにあなたの作品を販売できるminne(ミンネ)はこちらから。

     

    きしこ

    自分にもできそうな副業があれば試してみましょう!

     

    開き直る

    忙しい!

    疲れた!

    しんどい!

    そんな時は開き直りましょう!笑

    私はよく開き直っていました☆笑

    「もう今日はマックでいいや!」

    「今日は主婦業忘れて子どもと公園で思いっきり遊ぶ!」

    「たまには有給使ってもいいじゃん!」

    たくさん頑張っているんですから☆

     

    ピリピリしているお母さん、ちょっと深呼吸しませんか?

    ワーママって本当に大変です。

    朝起きてから夜寝るまで、バタバタと動き回っているんです。

    休日だって家事や育児は休めません。

    その毎日の中で、

    自分を褒めてあげたり

    子どもをハグしたり

    開き直ったり

    しながらメンタルを保っていきましょう。

    忙しいなら家事をロボットに託す!

    仕事が嫌ならいっそ転職を考える!

    パートや在宅ワークに切り替える!

    そんな方法もあります。

     

    時間

    お金

    子ども

    どれも大切です。

    そして自分自身も大切にしてあげてくださいね。

    あなたがいなければ今の生活は成り立ちません。

    家事や育児をしながら

    精一杯働いているお母さん。

    あなたは本当に素晴らしいです。

    自暴自棄になりかけていた昔の自分にもそう伝えてあげたいと思います。

    そして、私のようにパートや在宅ワークに切り替えて余計な支出を減らすことで、時間やお金に余裕が持てるかもしれません。

     

    ▼▼過去記事▼▼

    【やらなきゃ損!】断捨離するとお金が貯まる!の実体験を解説☆その①

    【やらなきゃ損!】断捨離するとお金が貯まる!の実体験を解説☆その②

     

    時間が限られている人生の中でイライラ・ピリピリしているなんてもったいないですよ☆

    気楽に・身軽に生きましょう♪

    ▼▼Instagram▼▼

    https://www.instagram.com/k_home_8

     

    ▼▼楽天購入品▼▼

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      ABOUT US
      きしこ
      8歳の息子と4歳の娘の兄妹ママです! 身の丈に合うローコスト住宅でシンプルライフを目指す33歳☆ 6年かけたマイホーム計画で学んだことをInstagramで発信! 4.3万人フォロワー様ありがとうございます☆ 2020年9月、ブロガーとして起業!